スマートフォンメニュー

ふるさと納税ポータルサイト ふるさとエール

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • お礼の品で選ぶ
  • 地域で選ぶ
  • ふるさと納税とは
  • ワンストップ特例制度

滋賀県 高島市 ~ここには日本人の高度な「水の文化」の歴史が集積されている。~

分水嶺の郷、高島

高島市は、琵琶湖から里山にかけて古くからの農山村漁村集落が点在し、中央分水嶺から琵琶湖に注ぐ「水の流れ」がつくりあげた様々な暮らしや文化、日本の原風景というべき風土が育まれてきました。高島市には「水の文化」を集積した歴史があります。

高島市は、滋賀県西部、琵琶湖北西に位置する市。

高島市について

高島市は、滋賀県西部、琵琶湖北西に位置する市。市の面積は、長浜市に次ぐ県下第二であるが、湖を含めた場合は県下一である。

  • 謝礼品を見る(デジタルカタログ)
  • 高島市のふるさと納税はこちら

髙島屋の屋号のルーツ「高島市」

滋賀県高島市は、180年以上続く百貨店「髙島屋」の屋号のルーツとなった特別な地です。
高島市は髙島屋の創業家ゆかりの地であり、高島市にちなんで屋号を「髙島屋」と定め、成功を収めました。
髙島屋では高島市物産フェアの開催をはじめ、高島市髙島屋奨学金の創設への参画、「たかしま生きもの田んぼ米」の米づくりへの参加や販売、高島市コンサートへの協賛など様々な取り組みを通じて、高島市との絆を深めてきました。

福井市長と木本社長との対談(魚治湖里庵にて)
高島市の飯田創業家の菩提寺「受行寺」 (当時の髙島屋)M20ごろ 創業当時がしのばれる京都のたかしまや

大自然が織りなす四季の移ろい

高島には、四季折々の美しい自然景観が数多く存在します。春には、「日本のさくら名所100選」に選ばれている「海津大崎の桜」をはじめ、様々な花が見ごろを迎えます。夏はキャンプ、湖水浴など涼みながらアウトドアを通じて大自然を味わうことができ、秋になればメタセコイア並木をはじめ高島の木々は鮮やかな秋色へと衣替えします。冬はスキーをはじめウインタースポーツを楽しみながら雪で覆われた白銀の高島を味わうことができます。

海津大崎の桜四季折々の美しい自然景観
キャンプ、湖水浴などを楽しめる大自然鮮やかなメタセコイア並木

緩やかに流れる里山の暮らし

車で京都から約1時間、大阪から約2時間。JR(新快速)で京都駅から48分、大阪駅から78分。
高島市は便利でありながらも、琵琶湖と山々が広がり里山に集落が点在する “ほどよい田舎”です。市街地にはスーパーや図書館が充実し、田舎暮らしが楽しめる一方、奥深い山の中で古民家を改修したり、有機農法に挑んだりする若者たちも集まっています。

田植え体験
田舎暮らしが楽しめる 有機農法に挑む若者

歴史の足音が聞こえる町

高島市の地域は古くから高島郡と呼ばれていました。高島郡の成立は今から約1300年前にさかのぼります。古くは「万葉集」や「和名抄」などにも登場し、読みは「太加之萬」と記されることから、早い時期から「タカシマ」の呼称が定着していたようです。一説には、三尾国(現在の市南部域と思われる)に高島宮があり、これが高島の名前の起こりになったともいわれています。

高島のあふれる魅力を探索

琵琶湖と比良山地に抱かれた高島市は夏の水泳、冬のスキーをはじめ、キャンプ、山歩きなど、年中アウトドアが楽しめます。高島市内には、観光・レジャーの拠点となる「道の駅」が4ヶ所、また、見どころとしておすすめの「日本の百選」が15ヶ所もあります。 魅力が余すところなく詰まっている高島市の魅力を探索してみませんか。

  • 白鬚神社(寿老神)

    〒520-1122 滋賀県高島市鵜川215
    [徒歩] 近江高島駅から40分

  • マキノサニービーチ

    〒520-1812 滋賀県高島市マキノ町西浜763-1
    [徒歩] マキノ駅から10分

  • 箱館山スキー場

    〒520-1655 滋賀県高島市今津町日置前4201-4
    [バス] 近江今津駅から20分

  • 道の駅 藤樹の里あどがわ

    〒520-1221 滋賀県高島市安曇川町青柳1162-1
    [車] 名神高速 京都東ICから国道161号経由 約50分

  • 髙島屋コラボレーションサイトヘ戻る
  • 亀岡市のふるさと納税はこちら